税理士業務

認定経営革新等支援機関である私たちは、経営に活きる情報の創造を第一義とした月次決算及び税務申告のみならず、組織再編や相続を含む事業承継、そして国際税務までを支援しています。数字で語れないビジネスはありません。個人事業や法人事業、規模や業種業態に関わらず提供する幅広いサービスが私たちの特長です。

テントゥーワンだからできる税理士業務の強み

  • 月次面談、スカイプ・メールによる
    税務顧問及び記帳支援
  • 弥生会計などの会計ソフトの
    導入支援・運用コンサルティング
  • 会計指針及び会計要領に準拠した
    決算申告業務
  • 国税4法をはじめとする
    税務相談、税務調査立会業務
  • 短期及び中長期の
    事業承継・相続対策コンサルティング
  • 合併・分割・事業承継をはじめとする
    組織再編コンサルティング
  • 各種セミナー・講演、執筆
    受託業務

テントゥーワンは特定任期付職員として国税不服審判所に出向されていた弁護士を顧問弁護士に迎えています

決算書は企業の表情を表わす

決算書が担う役割は、支払うべき税金を確定させることだけではありません。決算書は企業や経営の健康状態を示す重要な資料であり、税務署のみならず金融機関や、むしろ経営者自身など、その読み手に対して、極めて大切なメッセージを発信します。
テントゥーワンは、経営(者)にとって有益で不可欠な情報の発信源となる、適正な決算書の作成に徹底的にこだわっています。

税務を征する者は財務を征す

納税は社会において大切な義務である反面、企業にとって不意・過大な納税負担は財務的な体力や競争力を奪うことも事実です。不意・過大な納税負担を回避するためには、決算着地に至るまでの綿密なプランニングや税務係争の回避・対応が欠かせません。
テントゥーワンは、多面的かつ多角的な判断の一翼として、顧問弁護士に特定任期付職員として国税不服審判所に出向されていた弁護士も迎え、過度に企業体力を損なうことのないタックスプランニングと納税にこだわっています。

財務を征するものは経営を征す

正しい経営判断は、客観的な現状分析から生まれます。つまり、決算書や試算表など、自社の財務情報を客観的に示す資料をもとに思考することで、いま何をすべきか、いま何を止めるべきか、といった正しい経営判断を生み出すことができます。
テントゥーワンは、月次試算表の仕組みにも細部に工夫を重ね、財務情報の定期報告、そして継続議論、その結果である適切な経営判断の創造にこだわっています。

強い経営は時代とともに変わる

経営はまさに生き物であり、時代が求める経営が強い経営であるとするならば、強い経営には、常に変化が求められるのではないでしょうか。
それゆえテントゥーワンは、最新の税法を駆使した提案にこだわり、また、相続対策を含む事業承継や、企業の整理統合・分割をはじめとする組織再編を積極的に提言することで、お客様の経営の進化(強い経営)に資する情報発信・支援実行にこだわっています。

報酬に対する考え方

税理士報酬の相場は…。
本当の意味での相場は存在しない、テントゥーワンはこう考えます。あるのは「費用対価値」、つまり顧問報酬や決算報酬に対してお客様が感じる期待値・満足度そして納得感であって、これがテントゥーワンの報酬に対する考え方です。

そのためテントゥーワンには、たとえば企業規模や業種業態別の一律の料金体系は存在しません。顧問契約等に先立ち、事前にお客様の想いや置かれている経営環境や課題をお聞かせいただき、1件1件のニーズに対して、オーダーメイドで見積書を発行いたします。この見積もりにご納得いただいてから、お客様との末永いお付き合いをスタートさせます。

gotop